乳がんと乳製品

乳がんと乳製品については賛否両論があるようです。

「乳がんと牛乳」という本が発行され、驚きの内容だったことも要因だと思います。

実際、私自身は乳がんではありませんが、姉が乳がんになり、治療について真剣に考えたことがあります。

私自身は母親の影響で10代の頃より健康療法オタクでした。今から思うと、健康オタクではなく、デトックスおたくだったような気がしますが。

なので、もし自分や家族ががんになっても、あれをしてこれを飲んで食べれば大丈夫、という考えがありました。

しかし、いざ、姉が乳がんと診断されると、自分の知識の中にある治療法を強く進めることはできませんでした。自分の判断で姉を失ってしまうことは、耐えらえないことです。

一番大切なのは、当事者の気持ち。

どのような方法であっても、本人の不安な気持ちを取り除くことがいちばんなのだと思いました。

なので、しこり(腫瘍)として出来てしまったものは現実として受け止め、手術で取り除くことにしました。

病院の医師はその後、標準治療としてホルモン治療と抗がん剤治療をすすめましたが、こちらは本人の判断でお断りしました。

その代わりに、今まで好きだった乳製品は一切やめ、動物性タンパク質、白砂糖や小麦製品は極力避ける生活に切り替えました。白米も食べていません。

姉は、食生活をすっかり変え、化学療法をすることなく、今のところ問題なく、まもなく5年を迎えようとしています。

正直、何が良かったのかはわかりません。そして、油断も出来ません。しかし、本人がいちばん楽観的です。

乳がんと乳製品の因果関係は証明は出来ませんが、牛乳が悪いのではなく、現代の作られた乳製品が悪いのではないかとも思います。

アーユルヴェーダでは、牛乳は治療にも使われています。決して、牛乳自体が悪いものなのではないのかも知れない。

それを取り巻く環境が悪いのでしょう。

本来、牛乳は1日以上保存できるものではないのですから。

 

自分の身体の声に敏感になって、情報を自分で選んで行くしかないのかな。

印象としては、やはり、生クリームと乳がんの相性が良いとは思えない。(意見には個人差があります)

ちなみに、姉が入院した病院はがん専門でしたが、毎日乳製品のオンパレードでした。

母が毎日せっせと玄米ごはんや野菜のおかずを届けました。

 

脳の重金属デトックス

アーユルヴェーダでスパイス・ハーブは欠かせないものですがその中でも特に重要なものがあります。

ターメリック、クミン、コリアンダー、アシュワガンダ、シャタバリ…etc

その中でも解毒の効果で有名なのがコリアンダー。

インドのアーユルヴェーダ病院で研修中に先生に言われて毎日、クミン、カル ダモン、コリアンダーを煎じたものをお茶にして飲んでいました。

このコリアンダーはコリアンダーシード。

 

コリアンダーの解毒力のすごさは葉っぱの部分にもあります。

ご存じだとは思いますが、日本ではパクチー、香菜として知られていますね。

和名「コエンドロ」別名「カメムシソウ」だそうです。

20年ほど前にあらゆるデトックスにはまっていた私に友人がDr.Omuraが発見したという、デトックス方法を教えてくれました。

コリアンダーのスープを飲んだ患者さんの脳の重金属値が下がっていたというものです。

 

コリアンダー・ペストの作り方です。

Cilantro Chelation Pesto

4 cloves garlic

1/3 cup Brazil nuts (selenium)

1/3 cup sunflower seeds (cysteine)

1/3 cup pumpkin seeds (zinc, magnesium)

2 cups packed fresh cilantro (coriander, Chinese parsley) (vitamin A)

2/3 cup flaxseed oil4 tablespoons lemon juice (vitamin C)

2 tsp dulse powder

Sea salt to taste

Process the cilantro and flaxseed oil in a blender until the coriander is chopped.
Add the garlic, nuts and seeds, dulse and lemon juice and mix until the mixture is finely blended into a paste.

Add a pinch to sea salt to taste and blend again.
Store in dark glass jars if possible.
It freezes well, so purchase cilantro in season and fill enough jars to last through the year.

Cilantro has been proven to chelate toxic metals from our bodies in a relatively short period of time. Combined with the benefits of the other ingredients, this recipe is a powerful tissue cleanser.
Two teaspoons of this pesto daily for three weeks is purportedly enough to increase the urinary excretion of mercury, lead, and aluminum, thus effectively removing these toxic metals from our bodies. We can consider doing this cleanse for three weeks at least once a year. The pesto is delicious on toast, baked potatoes, and pasta.

 

 

ジェノベーゼみたいな感じで、おいしいです。

亜麻仁油はお高いので、オリーブオイルでも大丈夫ではないでしょうか?

記憶力の減退に効果があるとのことですが、

デトックス中は敏感な人にはたまらない臭いが、体臭としてするとも聞きました。

 

サプリメントもあるようです。
シアントロ

「シラントロ・ヘビーメタルデトックス」
名前がカッコいいです!

Vayu(ヴァーユ)の意味

Vayu~वायु~(ヴァーユ)

サンスクリット語です。

ヒンドゥー教の風の神様です。日本では京都の三十三間堂の風神雷神の風神といったところでしょうか。

また、風を流す・送る とか プラーナ(呼吸)という意味合いも持っています。

イメージとしては、動いている感じ。

アーユルヴェーダでは5つのプラーナが存在し、生命力の根源の側面でもあります。

*プラーナ・ヴァーユ

*ヴィヤーナ・ヴァーユ

*サマーナ・ヴァーユ

*ウダーナ・ヴァーユ

*アパーナ・ヴァーユ

 

ヴァーユがプラーナを動かすと言えば、イメージがしやすいのかも知れません。

 

インドの病院でアーユルヴェーダを学んでいた時、師匠であるドクターが、

「ドーシャにこだわってしまっている人が多い。ヴァーユ(流れ)がないから、よいものでもこだわりになり、病気になってしまう。」

と仰っていました。

 

Vayu(ヴァーユ)は流れ続けて、決して止まってはいけないのです。

 

 

 

 

 

 

ラビンドラナート・タゴール

瞑想、断食、厳しい食事制限、ヨガや農作業をしながら、

何かを変えたいと思っていた20代の頃。

この人の言葉に出会って、考え方が少しだけ音を立てて

シフトチェンジしました。

 

「奇跡のりんご」の中に引用されていて、あまりにも有名になりました。

(ラビンドラナート・タゴール「果実採集」より 石川拓治訳)

危険から守り給えと祈るのではなく、

危険と勇敢に立ち向かえますように。

 

痛みが鎮まることを乞うのではなく、

痛みに打ち克つ心を乞えますように。

 

人生という戦場で味方をさがすのではなく、

自分自身の力を見いだせますように。

 

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、

自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

 

成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような

卑怯者ではなく、失意のときにこそ、

あなたの御手に握られていることに気づけますように。

 

Let me not pray to be sheltered from dangers

but to be fearless in facing them.

 

Let me not beg for the stilling of may pain

but for the heart to conquer it.

 

Let me not look for allies in life’s battlefield

but to my own strength.

 

Let me not crave in anxious fear to be saved

but hope for the patience to win my freedom.

 

Grant me that I may not be a coward,

feeling your mercy in my success alone;

but letme find the grasp of your hand in my failure.

 

(excerpted from Rabindranath Tagore, “FRUIT-GATHERING”)